◆marutou-shop

welcome to marutou home page


エンテロコッカスの定着率 

河合康雄博士の検証より


エンテロコッカスが胃腸管には最も多く定着している

エンテロコッカスは腸管の各部においてどのような分布をし定着しているかを調べるために無菌ラットに人から分離した3種類の乳酸菌(エンテロコッカス・ラクトバチルス・ビフィドバクテリウム)を投与し8週間後に胃腸管の各部位の内容物に定着している菌と、各部位の壁に定着している菌を調べました。

<乳酸球菌エンテロコッカスは他の乳酸菌を遥かに凌ぎ胃腸管に多く定着しています。>

これは乳酸菌の中で乳酸球菌エンテロコッカスが最も重要な乳酸菌で胃腸管をコントロールしていることを意味します。  

人間の胃腸管には他の乳酸菌を凌ぎ膨大な数の乳酸球菌エンテロコッカス・フェカリス菌が存在してます。  

(胃腸管内容物1g当りの存在数) 

重要なことは乳酸球菌エンテロコッカスの定着率が最も高く胃でビフィドバクテリウムが8000個(内容物1g)しか存在していないのに対しエンテロコッカスは1億個(同)も定着していることです。 

【胃:約1億個~百億個、小腸:約百億個~1千億個、大腸:約1兆個】

腸内細菌は「第三の臓器」と言われ中でも乳酸球菌は、まさに膨大・重要な存在といえます。