◆marutou-shop

welcome to marutou home page


◆人には人由来の乳酸菌が最も良く定着します

◆人には人由来の乳酸菌が最も良く定着します。

同様に動物は、それぞれの動物由来の乳酸菌が最も良く定着します。

※乳酸菌は、その由来から動物由来、植物由来、人由来に大別されます。

エンテロコッカス・フェカリス・カワイ株は人の腸内細菌から発見した人由来の乳酸菌体です。‼️

またエンテロコッカス菌は他の代表的な乳酸菌体(ビフィドバクテリウムやラクトバチラスなど)の定着が多いと言われていましたが、それらを遥かに凌ぎ胃腸管に最も多く定着しています。


◆乳酸菌の定着率とカワイ株の増殖作用

口から入る乳酸菌生菌は強力な胃酸で殆ど破壊され13mの腸管を通過し単に整腸作用に留まり、便と共に排出されるに過ぎないと河合氏は唱えています。

胃腸管には様々な腸内細菌が定着し、中でも腸内細菌としての乳酸菌は乳酸が細菌などを溶し有害物質を排出したり無力化するなどの重要な役割を果たしています。

中でも乳酸球菌エンテロコッカスは他の乳酸菌を凌ぎ高い水準で定着しています。

また人由来のエンテロコッカスフェカリス・カワイ株は物質化することで生菌と違い、胃酸で破壊されることなく毛細血管やリンパから浸透し10万kmに及ぶ全身の血管を巡り健康に良い働きをします。

※左図:胃腸管内の乳酸菌の定着率

※右図:乳酸球菌カワイ株粉末の増殖作用

◆エンテロコッカスの定着は幼児と成人で違う

◆腸内細菌の複雑な宿主(ヒト)への影響を理解するためには腸内細菌の実態及び、それを構成する細菌の生理的性状を知ることも重要である。

◆我々はエンテロコッカスに焦点を当てている。

◆それはエンテロコッカスが人に重要な意味を持つからです。

◆ヒトの回腸及び下部腸管ではエンテロコッカスが優勢な菌といわれますが、これはとりもなおさずエンテロコッカスの宿主への影響力が大きいと言う事です。

◆幼児と成人の糞便中のエンテロコッカスの分布を示しました。

◆エンテロコッカス・フェカリス、フェシウムについては、両グ ループとも安定した比較的高い分布を示します。

◆幼児だけエビウムが検出されること成人からはサリバリウス、ミティスが多く分離される事などの大きな違いがあります。

◆明らかにエンテロコッカスでは幼児型と成人型の分布に違いが あります。

◆一方でフェカリスやフェシウムの様に共通型も存在します。

※幼児の時に存在した乳酸球菌エンテロコッカスで成人になるとほとんど存在しない菌があります。

※逆に成人になると存在する菌が幼児には殆ど存在しない菌があります。

※成人になるに従って増える菌は決して良い菌とはいえません。