◆marutou-shop

welcome to marutou home page


◆予防医学の提案

【予防医学の提案:河合康雄博士の講演より】

◆病気になってからでは遅い、予防医学の重要性

1個のがん細胞は5年~10年の年を経て静かに進行し1cm・1g位の目に見える大きさになります。

所謂、これが早期発見といわれる段階です。

それから2年~3年で増殖を繰り返し1kgほどのガンに進行し末期ガンの状態になります。

早期発見の治癒率は95%と言われています。

しかし5%もの人が残念な結果となります。

だから、そうなる前に予防が必要なのです。


◆カワイ株の発がん防止作用 

発ガン物質はたいていの場合、食物の中に含まれています。 

醤油の中にはジメチルアミンという発ガン物質の元が含まれています。 

これが胃酸などによってジメチルニトロソアミンという発ガン物質に変化し体内の細胞をガン細胞化してしまいます。 

※ニトロソ化合物は食物の中のアミンと亜硫酸塩から容易に生成されます。 

そこで我々は肝ガンを起こすジメチルニトロソアミン(Dimiethyl Nitoroso Amine)の発ガン物質にカワイ株を添加実験をしました。 

※すると殆どの発がん物質は無毒化してしまいました。 

つまり発がん物質がなくなってしまったのです。 

この実験結果が意味するとことは「カワイ株を飲んでいればガンにかからない」ということです。 

◆カワイ株の発がん性酵素無毒化作用 

細胞がガン化する時、ある酵素が働きます。 

ニトロレグクターゼという酵素です。

この酵素にもカワイ株を添加してみました。 

予想した通り悪玉酵素の働きは著しく低下しました。 

※つまり、カワイ株は発がん性酵素も無毒化したのです。 

カワイ株が細胞のガン化を防ぎ、ガンを予防していることを示すということです。 

同時に発がん物質を無毒化することによってガンの予防に役立つということです。


◆河合康雄博士コメントより
※生菌体13mと死菌体10万km
特に最初に述べておきたいのは、私の基本的なアイデアである。
私のカワイ株は全て死菌体であり生菌ではない。
生菌体はヒトの腸管に入って胃(胃酸)で50%~70%死んでしまう。
そして生き残った菌体は僅か13mの腸管を通過するだけなのである。
だから整腸剤にしか過ぎなかったのである。
死菌体は物質であるので全ての毛細血管やリンパ球などから吸収され血管を通してヒトの体の隅々まで浸透して行く。
毛細血管の長さは約10万km(地球2周半)である。
だからこそカワイ株が種々病気に対して顕著な治療や予防・効果のあることが判明してきたのである。
-----ーーーーーーーー
※カワイ株死菌体
河合康雄博士によると乳酸球菌を死菌体化することで核に穴が開き菌体と有効成分が腸管やリンパ球の毛細血管から浸透し10万kmに及ぶ末梢血管血管を巡り健康に良い働きすると唱えています。
※乳酸球菌は一般のヨーグルトなどの乳酸桿菌に比べ分子の大きさが1/5程度と微小分子です。
乳酸球菌カワイ株の核は体内の変異原物質を吸着し便などと共に体外へ排出する働きがあります。
河合博士はカワイ株は人由来の乳酸菌で腸管への定着性に優れ胃腸管内の乳酸菌を増殖し変異原物質を吸着し体外へ排出し血液を浄化することで免疫力などを高め健康に良い働きをすると唱えております。