◆marutou-shop

welcome to marutou home page


◆カワイ株粉末投与による臨床検証


※うさぎへのカワイ株投与による臨床

◆ウサギを3週間普通食で飼育した後、コレステロールを1%加えた高コレステロール食を4週間投与することで通常ウサギの血清コレステロール値(30~40㎎/dl)が60倍の2000~2300㎎/dlに上昇させた動脈硬化ウサギを使いカワイ株投与の影響を検証しました。

◆動脈硬化ウサギに毎日60mgの乳酸球菌粉末を投与すると15週でコレステロールを著しく低下させ2000mg/dlあった値が30~40mg/dlの正常値に戻りました。

◆一方、乳酸球菌を投与せず通常食で戻したウサギはコレステロールが低下するのが遅く15週経っても300~400mg/dlものコレステロール値が存在し、正常に戻るの35週もかかりました。

※動脈硬化への影響

◆しかし通常食で戻したウサギの血管や臓器(肝臓・心臓)の脂質沈着は除去されず動脈硬化は全く改善していませんでした。

動脈硬化を起し脂質が沈着した血管は薬や食事療法では元に戻らない可能性が高いと言われてます。